シータヒーリングは意識を集中して思考と祈りを行うテクニックです。シータヒーリングでは私たちが生来持っている直感を活用することにより、"すべてなるものの創造主"の無条件の愛によるさまざまな働きかけができます。脳をシータ脳波と呼ばれる状態へシフトさせることによって、心身の癒しが瞬時に進むのを見届けることができると私たちは信じています。

シータヒーリングのテクニックを学ぶと、誰もが直感的な能力を使い、素晴らしい心身の癒しを行えることがわかるでしょう。自分だけではなく、友達や家族を癒すことができるようになります。

シータヒーリングの特徴

シータヒーリングはヴァイアナによって開発されたもので、すべてなるものにつながることで、身体的、精神的、感情的、霊的のすべてのレベルに自分自身で働きかけられるセラピーです。シータヒーリングで最も良く知られているのはその思い込みへの働きかけと感覚感情の創造でしょう。思考の核のレベル、遺伝レベル、歴史レベル、魂レベルの4つのレベル全てに働きかけることができます。感情には毒のようなものがあり、それが病気の原因となっているということは、科学的な証拠も見つかってきています。感情や感覚、思考のパワーといったものが肉体的な健康に直接的な影響を与えているということに人々は気づき始めたため、心を帰ることで身体の健康を得ようということへの関心が飛躍的に高まってきています。

思い込みと感覚感情のワークでは、ネガティブな感情や感覚、思考をポジティブで役立つものに置き換えることができます。シータヒーリングが"あなたの人生に実現可能な奇跡"と呼ばれるのはこのためです。

シータヒーリングは存在の7層というコンセプトでも良く知られています。これはより高次の愛、すべてなるもののエネルギーとつながるということです。このコンセプトで進めるからこそ、プラクティショナーは最高にクリアな智慧と愛を受け取ることができるのです。

シータヒーリングの始まり

1995年、そのころ自然療法士やマッサージセラピスト、直感リーディングとして活躍していたヴァイアナ・スタイバルは、リーディングに使っている方法によって瞬時のヒーリングができることを発見しました。

そのころ3人の幼い子供を育てていたヴァイアナはガンと診断され、右太腿がガンに破壊されていると告げられたのです。伝統的な医療や対処法から代替療法までさまざまなことを行いましたが、効果が得られた物はありませんでした。リーディングに使っていた方法でヒーリングができることを発見したのはそのときでした。彼女の太腿は瞬時に癒されました。それからというもの、個人セッションやセミナーの中でこのテクニックを使い始めました。

このテクニックに強い好奇心を感じ、物理学者に頼んで脳波計を使って調べてもらいました。そして、このヒーリングの際にシータ脳波を使っていることがわかったのです。その後このテクニックを何年にもわたって活用しているうちに、シータ脳波を使ってヒーリングを行っているということに確信が得られました。

そして、シータヒーリングで最も大きな発見は、このテクニックは他の人に教えることが可能だということです。ヴァイアナはこのテクニックを何千人にも教え、他の人に教える認定も与え始めました。これらはヴァイアナの人生の中でも最も素晴らしい経験となっています。

シータヒーリングセッションとは

  • シータヒーリングのセミナーではシータヒーリングは医者や医療機関を代替するものではありません。
  • 医学的知識を教えたり、治療する方法を教えたりすることはありません。
  • シータヒーリングは癒しを目的とした祈りであり、その成果の如何に関わらず、心身の不調のある方は医者や医療機関に相談されることを強く推奨します。
  • シータヒーリングは宗教ではありません。
  • シータヒーリングは特定の効果を保証しません。シータヒーリングによる効果や成果は人によって異なります。

シータヒーリングのセッションは、プラクティショナー(ヒーリングを行う人)が クライアント(ヒーリングを受けられる方)と1対1でお会いし、カウンセリングのような会話を通じてセッションを進めます。会話の中でご相談内容を理解し、ヒーリングのテクニックによる対処方法を見つけていきます。

ヒーリングのセッション中、クライアントの思い込みをチェックする目的で、指を使った簡単なテストを行います。筋肉反射テストと呼ばれるテクニックで、潜在意識に記憶されている思い込みや行動パターン、思考パターンを確かめることができます。

途中、プラクティショナーが数秒から数分程度の短い時間、瞑想状態に入ります。この瞑想状態のとき、プラクティショナーの脳波はシータ波/デルタ波という特別な脳波になり、潜在意識に働きかけることができます。

ヒーリングやリーディング、思い込みの置き換えなど、さまざまなテクニックを駆使してセッションを進めますが、そのひとつひとつについてクライアントの方に口頭で許可を求めます。よろしければ「はい」と返事をしてください。

シータヒーリングジャパンサイトより抜粋されました

このページの先頭へ戻る
交通アクセスバナー